Search

カメラ買取はキタムラ?相場より高く売る方法

カメラ好きや写真好きの方は、新しい機種が発売されるとつい欲しくなってしまいますよね。
新製品は高性能で魅力がありますが、その分お値段も高いです。
そんなとき私が使う方法は、できるだけ高く買取してもらい、そのお金を使って新しいカメラを買います。

カメラのキタムラ(店舗)での買取

直接お店に持ち込む方法です。
店舗数が多く、すぐに現金を受け取れるというメリットがありますが、実際にお店まで出向く必要があり査定の間も待たなければなりません。
私の経験上では、買取額はあまり高くない印象ですね。

カメラのキタムラ(ネット)での買取

決定的な破損や欠品がない限り、その機種の上限金額で買取してくれる「トクトク買取」というサービスがあります。
段ボール箱代も向こうが負担してくれるは嬉しいですね。
自宅で梱包して発送し、査定後に口座へ入金される仕組みです。
店舗買取より額が高いのでおススメです。

ソフマップ(店舗)での買取

ソフマップの店頭でも買取してもらった経験があります。
査定額はやや高めな印象でしたが、店舗数が少ないのが難点です。

いずれの場合もカメラを丁寧に扱い、できるだけ傷が無い状態で買取してもらうと査定額が上がります。
また、バッテリーや充電器の欠品が無いことも大切です。

参考:カメラ買取JP|カメラ・中古レンズの買取比較おすすめ店舗は?!

カメラ買取おすすめは?古いカメラの買取価格

父は写真が趣味で、フィルムカメラ時代の高級な機種を何台か持っていました。
父が亡くなり、遺品整理した時、本体1台と交換レンズ何本かを残して後は買い取ってもらおうと考えました。
フィルムカメラは実際に使う事はなく、何台も残して置くより買取ってもらい、デジタル一眼レフ用の交換レンズ購入の足しにした方が父も喜ぶと考えたからです。

カメラや交換レンズを抱えて、大手チェーン店で、中古販売もしている店を訪れ、買取価格を調べてもらいました。
その結果、交換レンズには1万数千円の値が付きましたが、本体2台は値が付かず買い取れないとの結果でした。

2軒のチェーン店を廻りましたが、交換レンズの値段に若干の差はあるものの、本体は両方とも値が付きませんでした。
私の中では、交換レンズよりも本体の価値が高いと考えていたので、納得できずに持ち帰りました。
大手チェーン店では、店員がマニュアルに沿って減点法で見積もりを行っており、傷等もありこうした結果になったのでしょう。

その後、試しに個人経営のカメラ店で買取を行っている店で見てもらいました。
すると、本体は傷はあるものの、良い機種なのでと2台で1万5千円ならと提示を受けました。

最初に小さな冊子をチェックし、現物を確認して即座にこの買取価格を提示されました。
流通相場を冊子で確認し、後は経験で値付けされたのでしょう。
いずれの値付けが正しいのかは分かりませんが、この教訓から、カメラを買取ってもらう際には、大手チェーン店以外に個人経営のお店でも見積もってもらうべきだと感じました。