Search

キューブの大きさと下取り相場

今から遡ると、16年前に初代キューブが世に出されました。
その当時はと言うと、まだ背の高いコンパクトカーもあまり無かった背景も有り、マーチベースのこの車種が斬新に映ったのでした。
そして、果たせるかなキューブは小さいのに高さが有るので、その広々とした室内をもたらしてコンパクトカー市場に打って出ました。

それから、更に2代目では四角のイメージを強くしてはいるものの角に丸みを帯びた可愛らしいスタイルに進化しました。
勿論、一回り大きくなっているのでその使い勝手にも大きく寄与しているのですが、何よりもありがたいのはその室内の広さを向上させつつも取り回しも良くて扱い易い点です。

然し、マイナーチェンジの際の顔付きの変化がパッと見る限り、あまり変わらない節もみられたのでした。
遂に、キューブの第三世代となる現行型では国内のみならずアメリカにも進出を果たしたのです。
観た瞬間に、そのスタイルから技術の進化をひしひしと感じてしまいました。

もっと表現するなら、ワイルドな出で立ちでそれまでのモデルよりもひと回り大きく感じます。
これからも進化は止まらないと思われる銘柄に期待しそうです。
これで、たくさんの人に親しまれるようにと生み出された四角い形のキューブは、その立ち位置が更に明確化されたのではないでしょうか。

参考:キューブ下取り相場

アルファードの購入価格と下取り相場

先日、新聞に折り込まれたチラシに驚きました。
トヨタの新車販売のチラシでしたが、アルファードの高級仕様が500万円を、越える金額で売り出されていたからです。

本革を贅沢に多用し、他にも至れり尽くせりの装備が付いていましたが、500万円は高過ぎです。
10年もしたら100万円もしなくなる車に、そんなお金を払って新車で買う人が、いるのかと疑いたくなります。

500万円もあれば他に何ができるでしょう。
車としての使われ方を考えれば、精々300万円までが妥当なところではないでしょうか。

まあ今時、軽自動車も200万円に迫ろうかという時代ですから、何があってもおかしくはありませんが。
必要なものに必要な価格で、あるかが求められます。

近頃ではミニバンのコマーシャルも、映画のようにゴージャスです。
しかし所詮、車と言ったら失礼ですが、道具としての範囲内でしかありません。
20万円のテレビを買ったら、20年は見ると思いますが、500万円のアルファードに、果たして20年乗るとは思えません。

車は家具や電化製品ではありません。
下手をすれば廃車になることもあり得るのです。

参考:アルファード下取り相場

500万円のアルファードの車両保険を掛けたら、どれだけ保険も上がるでしょうか。
どう考えても賢い選択とは思えない私でした。

カメラ買取はキタムラ?相場より高く売る方法

カメラ好きや写真好きの方は、新しい機種が発売されるとつい欲しくなってしまいますよね。
新製品は高性能で魅力がありますが、その分お値段も高いです。
そんなとき私が使う方法は、できるだけ高く買取してもらい、そのお金を使って新しいカメラを買います。

カメラのキタムラ(店舗)での買取

直接お店に持ち込む方法です。
店舗数が多く、すぐに現金を受け取れるというメリットがありますが、実際にお店まで出向く必要があり査定の間も待たなければなりません。
私の経験上では、買取額はあまり高くない印象ですね。

カメラのキタムラ(ネット)での買取

決定的な破損や欠品がない限り、その機種の上限金額で買取してくれる「トクトク買取」というサービスがあります。
段ボール箱代も向こうが負担してくれるは嬉しいですね。
自宅で梱包して発送し、査定後に口座へ入金される仕組みです。
店舗買取より額が高いのでおススメです。

ソフマップ(店舗)での買取

ソフマップの店頭でも買取してもらった経験があります。
査定額はやや高めな印象でしたが、店舗数が少ないのが難点です。

いずれの場合もカメラを丁寧に扱い、できるだけ傷が無い状態で買取してもらうと査定額が上がります。
また、バッテリーや充電器の欠品が無いことも大切です。

参考:カメラ買取JP|カメラ・中古レンズの買取比較おすすめ店舗は?!

カメラ買取おすすめは?古いカメラの買取価格

父は写真が趣味で、フィルムカメラ時代の高級な機種を何台か持っていました。
父が亡くなり、遺品整理した時、本体1台と交換レンズ何本かを残して後は買い取ってもらおうと考えました。
フィルムカメラは実際に使う事はなく、何台も残して置くより買取ってもらい、デジタル一眼レフ用の交換レンズ購入の足しにした方が父も喜ぶと考えたからです。

カメラや交換レンズを抱えて、大手チェーン店で、中古販売もしている店を訪れ、買取価格を調べてもらいました。
その結果、交換レンズには1万数千円の値が付きましたが、本体2台は値が付かず買い取れないとの結果でした。

2軒のチェーン店を廻りましたが、交換レンズの値段に若干の差はあるものの、本体は両方とも値が付きませんでした。
私の中では、交換レンズよりも本体の価値が高いと考えていたので、納得できずに持ち帰りました。
大手チェーン店では、店員がマニュアルに沿って減点法で見積もりを行っており、傷等もありこうした結果になったのでしょう。

その後、試しに個人経営のカメラ店で買取を行っている店で見てもらいました。
すると、本体は傷はあるものの、良い機種なのでと2台で1万5千円ならと提示を受けました。

最初に小さな冊子をチェックし、現物を確認して即座にこの買取価格を提示されました。
流通相場を冊子で確認し、後は経験で値付けされたのでしょう。
いずれの値付けが正しいのかは分かりませんが、この教訓から、カメラを買取ってもらう際には、大手チェーン店以外に個人経営のお店でも見積もってもらうべきだと感じました。

おすすめ漫画買取ランキング!

漫画買取店舗おすすめ1位はブックオフ?

アラフォーで根っからのコミック好きの私の初の漫画買取経験は中学生の頃。
母の知り合いからたくさんの古いマンガを譲り受けたものの、古い作風があまり好みではなく、一度読んで横流ししていたのだった。
まだブックオフなど大型店舗があまりなく、最寄駅から2つ離れた駅近くの古本屋に自転車で段ボール箱いっぱいに漫画本を詰めて持って行って2000円くらい。

と言っても、売った傍からそのお店で売っているセット売りをしている本を買っていくので、全然手元にお金が残ることはなかった。
ちなみに貰ったのはほとんど少女漫画で、その反動か買うのは少年漫画ばかりだった。
全部ビニール袋にパッキングしてあり、立ち読みはできなかったし、だいたい150円か200円くらいの価格帯だったと思う。

自転車で本を売りに行き、別の漫画を買って帰るという、まさに自転車操業な日々だった。
高校生くらいの頃からブックオフなどチェーン展開している店舗が出てきて、処分品100円だったり立ち読みができたり、新刊の買取価格が高いなど査定システムがしっかりしている便利さからチェーン店にばかり行くようになった。

ただ、前に行っていた古本屋にはあった掘り出し物は見かけなくなった感はある。
買取査定が適切なのはチェーン店だけど、売ったお金で面白い本を探して買うという楽しみは町の古本屋のほうが、おすすめだったと思う。
チェーン店一辺倒の方には一度町の古本屋にも足を運んでみてほしいと思う。

参考:漫画買取おすすめランキング

漫画はネット買取がおすすめ

読み終わった漫画をそのまま家に置いておきたくないという方や、頻繁に本を読むため置き場所に困ってしまうような方はよく古本買取に出して不要な本をお金に変えて、さらに新しい本を購入するという光景がよくありました。

漫画買取といえば、ひと昔まえまでは神保町の古本屋街や大手古本販売チェーン「BOOK OFF」へ本を持っていき、直接査定してもらって売却するという方法が一般的でしたが、現在ではそのほかにもネット通販を利用した売却方法がおすすめとなりつつあります。

ネット通販サイトを利用することでネット上で手続きを完了させることができ、宅配で荷物を送るだけで売却が完了する仕組みは手軽で画期的です。
その本を探している買い手と売り手を直接つなぐことが可能になったため、品物によっては直接店舗で売るよりも高額の値段で取引されることもあり、売り手側にとってもメリットが大きいサービスです。

スマホやパソコンさえあれば誰でも利用することができ、店舗型の古本屋と違って商品の検索なども容易に行えることから、買う側も商品を探す手間を省くことができます。
直接店舗へ持ち込むことでその場で現金化できるというメリットもありますが、やはりより高い値段で売りたい場合にはネット通販の漫画買取サイトを利用する方が高く売れるので、非常におすすめです。

漫画買取で相場より高く売るおすすめの方法

漫画は、多くの人が買取に依頼することが当然となっていますね。
そのようになっていることは、とても良いことだと感じます。
それだけ、リサイクルとしていきていることになるので、気持ちよく出すことができます。

その漫画は出来るだけ高額査定をしてもらいましょう。
そのコツについてご紹介します。

・見なくなるとできるだけ早急に依頼する
新しい本をかった時に、直ぐに読んでしまうことがあります。
その時、再び読むことはそんなにありません。
よほどのことがない限り、二回目を読むことがないのです。
そのことを思うと読んだら直ぐにだすほうがいいいですね。
その結果、高額査定を期待することができます。

・綺麗な本を保つ
本を読む時に、できるだけ綺麗な状態で読みましょう。
それはなんといっても、漫画として買取を意識して読むという事です。
次に使う人が、気持ちよく使うことができますね。
しかも、その美しい状態だと買取額も違います。
そのことを買った瞬間から意識をするようにしましょう。

・カバーは捨てない
漫画を買った時についてくるのは、その本のカバーです。
それを捨ててしまう人もいます。
そのカバーについても価値があるので、捨てないようにすることをおすすめします。